<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いざ、岡本太郎記念館へ!!

大変お待たせしましたっ^^いざ、中へ入りまぁす☆
f0234225_1752664.jpg




庭からしてもう、びっくり。超“太郎ワールド”!
f0234225_179976.jpg





ドアノブはなんと足!!!
f0234225_17103552.jpg





そして入ってすぐ目の前に、代表作のひとつ、“縄文人”どの角度から見てもすごい迫力。
f0234225_17215157.jpg




私が見ているはずなのに、逆にいくつもの視線を感じた部屋(ノω`●)ノ
椅子の上には太郎さんと敏子さん。
f0234225_17251069.jpg




人目見て釘付けでした(ノω`●)ノ朝から楽しい気分になれそう♪
「なにこれ?!どうやって使うの??」 なんて質問は愚問です(^^)
使いやすいものを求めるのであれば職人さんの作品でどうぞ☆
f0234225_1727215.jpg




作業場。絵の具が飛び散っていて、キャンバスがいっぱい残っていて。
主がいなくなっても、まだこの空間は生きていました。
f0234225_1729524.jpg




岡本太郎さんは多くの名言を残しています。

例えば今私の励みになっている言葉。

「人間は精神が広がるときと、 とじこもるときが必ずある。
強烈にとじこもりがちな人ほど、逆に広がるときがくる。」


…いえいえ。けっして他力本願、神頼みになってるわけじゃありませんよ(笑)
でもなかなか結果が見えてこないとき、励みになります。

6年間閉じこもり続けていた私の精神は、どういう形で表現されるのでしょう。

それこそ 爆発 に近いかも・笑 

まだまったく見えてきませんが、爆発させてやりましょうw



話はもどりますが、

岡本太郎記念館ですっかり感化された私は、一冊の本を買いました。

家に帰って家族に見せたら、父も同じものを持っていたそうですが・・・


「今日の芸術」岡本太郎著


いまから50年も前に出された本の復刻版でした。

当時の若者へ向けて。

芸術とはなにか から始まり、

芸術の見方

日本人の傾向。 

と広がります。

まだ読み途中なので、多くを語れないのがお恥ずかしいですが、

ちょっとでも気になった方にはよんでもらいたいです。

50年も前の若い世代に太郎さんが訴えた言葉。

不思議と今の私たちの胸にもぐっと来ます。

美術関係の人はもちろん、いや、

美術に関係ない人ほど読んで欲しいと太郎さんは言っています。

ぜひ!!


ぶっつかる

激しい意志

常識を否定し

乗り越えて

ぎらぎら裂け目

とことんまで

身震いするような。

岡本太郎

[PR]
by seko-chan | 2010-07-17 17:34 | オモウ/カンジル

表参道

 岡本太郎記念館へ行ってきました♪

久々の表参道。建物がおしゃれ。街灯がおしゃれ。洋服がおしゃれ。

ずっと田舎に引っ込んでいたから、まるで不思議の国のアリス状態でしたσ(≧ω≦*)


f0234225_9402812.jpg

オフィスなのかな。


f0234225_9491445.jpg

外から眺める景色。見えすぎないとこがいい。


f0234225_13295198.jpg

カラフル・☆


f0234225_13235969.jpg

イッセイ・ミヤケ
こんな服着てハワイにでもいってみたいなぁ。
もうすぐ夏ですねえ・・・





あちこち目移りしながらもなんとか目的地付近まできました―――ヾ(。・∀・。)ノ
でもたどり着けない・・・
この近くのはずなのに、看板もないし・・・

なんて思ってうろうろしてたら、壁一面に蔦がからみついたかわいいうちを発見❤

写真を撮ろうと近づくと、なにやら庭に彫刻が。。。











f0234225_13583924.jpg


…という感じでやっとたどり着いたわけであります^^



つづく☆
[PR]
by seko-chan | 2010-07-10 14:34 | オモウ/カンジル

NICEなコンビ☆

f0234225_2052078.jpg


招き猫と黒猫のコンビ☆

ピアノの上は愛猫、“ルナ”のお気に入りの場所♪

ちょうどクーラーの風が直接そよいでくるところだから・笑

いつもここで手足を思い切り伸ばして爆睡。。。zzz


そんなある日、突然ライバル出現!!! 

いつものようにお昼寝しようとよじ登るとすでに先着が。。。。しかもねこ!!!


さぁ、どんな反応をするかとわくわくしながら見ていると、

数秒見つめあったらもう、次の瞬間には隣にぴったりとくっついてお昼寝開始・・・ヾ(-ω-;)ォィォィ

相性良かったのね^^;


まあそれはそのはず、“招き猫”と“黒猫”はどちらも福を呼んでくれる猫ですもんね☆

ありがたやありがたや^^ダブル効果で期待しています♪♪
[PR]
by seko-chan | 2010-07-08 21:03 | ヒト

ピカソくらぶ☆

遅くなりましたが、6月のピカソくらぶの活動報告です☆
ピカソな子たち
[PR]
by seko-chan | 2010-07-04 00:20

ある午後の会話

f0234225_2111674.jpg


 今日、きゅうりちゃんの第二号が生っていまして、それを採りに行って見つけました♪


 ア・マ・ガ・エ・ル☆


 
姉は蛙を見ると“ぎゃあ~”って騒ぐのですが、意外と私は好きです。もっとも、姉が見たのは

ソフトボールサイズのウシガエル・・(笑) 騒がないほうがおかしいですね。


今の時期に見られるアマガエルはまだ生まれたばっかりで、大きさも小指の先ほどしかなくて

かーわいいです★ 田舎育ちな私は、よく小学校の帰りに、道端の田んぼで両手いっぱいの

蛙の卵を拾って帰り飼育したりしていましたヾ(-ω-;)ォィォィ

生まれたばかりのおたまじゃくしのかわいさといったら・・・(ノω`●)ノ


でも徐々に大きくなってくるとちょっと視覚的に耐えられないものになります・・・

だって小さいサイズの虫かごに3~4cmくらいの大人蛙がうじゃうじゃうじゃ・・・(/_;)

…あとはご想像にお任せしますね。





蛙と言えば、むかしから人間と共存してきた生き物のひとつでもありますね。


“おやゆび姫”にもトノサマガエルが出てくるし、

日本でも“鳥獣戯画”に擬人化された蛙が出てきます。

そういえば国語の教科書に、“手紙”という物語があって、それにも

でてきたような。。。



そんな蛙たちが、近年の水質汚染や農薬で、少しずつですが数が減ってきているようです。

“えぇ~?!あんなにげろげろ鳴いているのに~?!”とも思うのですがそうらしいんです。

今人に“ぎゃあ~”といわれながらもあちこちで生息している生き物たちも、そのうち

どんどん姿を消していくのかな・・・((○(´Д`)○))

いつか子供と、「お母さんの小さいころはね、蛙の卵を両手で・・・」

「えぇ~?!この本に載ってるやつ、ほんとににいたの~?!」

なんて会話をするときが来てしまうのかな。。来ないことを願うばかりです(ーー;)
[PR]
by seko-chan | 2010-07-02 21:12 | ケシキ

ゴーヤジャナイヨ!!

うちの初物、きゅうりちゃん★です^^

f0234225_9161727.jpg



f0234225_917405.jpg



[PR]
by seko-chan | 2010-07-01 09:20 | モノ